メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校ラグビー

桐蔭学園が4大会連続の花園切符 神奈川

優勝旗を手に笑顔を見せる桐蔭学園の選手たち=横浜市神奈川区のニッパツ三ツ沢球技場で2018年11月18日午後2時31分、洪玟香撮影

 第98回全国高校ラグビーフットボール大会神奈川県予選(県高体連、県ラグビーフットボール協会など主催、毎日新聞横浜支局後援)は18日、横浜市神奈川区のニッパツ三ツ沢球技場で決勝があり、桐蔭学園が37-14で慶応を降し、4大会連続17回目の全国大会出場を決めた。

 桐蔭学園は序盤に2本のペナルティーゴールで主導権を握り、計5本のトライを挙げた。前半18分、NO8佐藤健次選手(1年)が中央を突破し倒されると、SH小西泰聖主将(3年)がすかさずボールを持ち出し、この試合最初のトライを奪う。さらに3分後、中央からのパス回しで右サイドに展開。ボールを受けたWTB西川賢哉選手(2年)がステップで相手をかわしてトライを決めた。前半だけで3本のトライを挙げ、後半は一時11点差に迫られたが、14分にフッカー紀伊遼平選手(3年)のトライで再び突き放した。

 対する慶応は前半終了間際、混戦からフッカー中村元紀選手(同)が押し込み、反撃。後半5分にもFL宮田…

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文1036文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  3. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  4. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  5. 初出場の筑陽学園がセンバツ初勝利 福知山成美との競り合い制す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです