メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校ラグビー

桐蔭学園が4大会連続の花園切符 神奈川

優勝旗を手に笑顔を見せる桐蔭学園の選手たち=横浜市神奈川区のニッパツ三ツ沢球技場で2018年11月18日午後2時31分、洪玟香撮影

 第98回全国高校ラグビーフットボール大会神奈川県予選(県高体連、県ラグビーフットボール協会など主催、毎日新聞横浜支局後援)は18日、横浜市神奈川区のニッパツ三ツ沢球技場で決勝があり、桐蔭学園が37-14で慶応を降し、4大会連続17回目の全国大会出場を決めた。

 桐蔭学園は序盤に2本のペナルティーゴールで主導権を握り、計5本のトライを挙げた。前半18分、NO8佐藤健次選手(1年)が中央を突破し倒されると、SH小西泰聖主将(3年)がすかさずボールを持ち出し、この試合最初のトライを奪う。さらに3分後、中央からのパス回しで右サイドに展開。ボールを受けたWTB西川賢哉選手(2年)がステップで相手をかわしてトライを決めた。前半だけで3本のトライを挙げ、後半は一時11点差に迫られたが、14分にフッカー紀伊遼平選手(3年)のトライで再び突き放した。

 対する慶応は前半終了間際、混戦からフッカー中村元紀選手(同)が押し込み、反撃。後半5分にもFL宮田…

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文1036文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  3. 神戸教諭いじめ 加害者の男性教員が児童骨折させる 他にも問題行為か

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「いけないことを教える立場が」「人間として恥ずべき」神戸教諭いじめ 謝罪コメント要旨

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです