メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蔵書拝見

浜田靖一氏/上 「破軍の星」 自分を律し、芯を守る

インタビューに答える浜田靖一・衆院議員=東京都千代田区永田町の衆院第2議員会館で2018年11月12日、宮本明登撮影

ロングバージョン

 本屋さんでついつい自分の好きな作家の棚を見る。長編シリーズの新刊がなければ並んでいる既刊の中から「もう持ってたっけ?」と思いながら買うけど、やはり持っていた--。本好きにはよくある話だが、僕にとって北方謙三さんがそういう作家だ。

 この本の主人公の北畠顕家は、南北朝時代に後醍醐天皇のもとで足利尊氏と戦った人物だ。若い公家だが武将の面もある。公家政治、宮廷政治に対して疑問を持ち始め、「民とともに積み上げる大義」を意識し、仕えていた後醍醐天皇にも疑問を持つ。時運を味方に付けられずに追い込まれた状況で死を覚悟し、「(中央の力が及ばない)陸奥の大地までひた駆けよう」と部下の武士たちに呼びかけて敵陣に突っ込むラストは圧巻だ。

 一方で足利尊氏の取り上げ方も面白い。最終的には「勝者」なんだけど、局面局面の戦いでは負け続ける姿が…

この記事は有料記事です。

残り1561文字(全文1930文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  2. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用
  3. ORICON NEWS 西島秀俊主演『空母いぶき』 映画オリジナルキャラに本田翼、中井貴一ら10人
  4. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  5. F35戦闘機とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです