メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

砂川判決

多数説起案の「入江メモ」発見 自衛権の範囲踏み込まず

入江の私物の最高裁判例集に記されたメモ。「入江多数説起案」と書かれている

 旧日米安保条約の合憲性が争われたが「高度に政治性がある」ことを理由に司法審査の対象外とした砂川事件の最高裁判決(1959年)を、現憲法の起草に携わった法制局長官(現内閣法制局長官)出身の入江俊郎裁判官(故人)が起案していた。本人が残したメモでは、判決が憲法9条や自衛権のあり方に踏み込んだ判断を示していないと明記していた。2015年9月に成立した安保関連法の審議で、政府は砂川判決を根拠として集団的自衛権の合憲性を説いたが、識者は「入江のメモからみて政府解釈は無理がある」と指摘する。

 砂川判決の起案者は長らく不明だったが、憲法史研究者の嘉多山宗(かたやま・つかさ)弁護士が入江の私物…

この記事は有料記事です。

残り1735文字(全文2028文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  2. 交通安全教室でスタントマンの男性死亡 事故再現で 京都
  3. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  4. 東京・池袋衝突事故 重体の女性と女児が死亡
  5. 漫画原作者の小池一夫さん死去 「子連れ狼」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです