日立市かみね動物園

爬虫類とウミウが合体した「はちゅウるい館」人気に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 長年、地域の人に愛されている茨城県日立市「かみね動物園」(茨城県日立市宮田町5)に18日、新たにワニ、ヘビなどの爬虫類と市鳥のウミウを展示する「はちゅウるい館」がオープンした。多くの人が訪れ行列ができるほどの人気ぶり。東京から特急で1時間半と近く、太平洋も望め、海の幸も豊かだ。ちょっと足をのばしてみては……。

 同園は昨年、開園60周年を迎えた。これを記念し新たな施設を作ろうと、職員からアイデアを募集した。それまで分散し展示していた爬虫類をきちんとみせようという提案が出され、「好き嫌いがはっきりしている爬虫類の魅力を伝えよう」とプロジェクトはスタートした。

この記事は有料記事です。

残り714文字(全文995文字)

あわせて読みたい

注目の特集