メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュースがわかる目次

ニュースがわかる2018年12月号(11月15日発売)

定価450円

★2018年重大ニュース

    今年は猛暑、豪雨、地震といった自然の脅威を実感する年でした。北朝鮮の非核化をめぐる米朝首脳会談など、国際政治でも動きがありました。

    一方で、冬季五輪や米大リーグ、サッカーW杯、テニス全米オープンで日本人が大活躍しました。さて、あなたはどんなニュースが印象に残っていますか?

    ★本庶さんにノーベル賞

    がんの新たな治療法「免疫療法」に道を開く業績で、本庶佑さんがノーベル医学生理学賞に決まりました。免疫の働きを抑えこむ物質を発見したことで、末期がんにも効果が見られる治療薬の開発を促しました。

    ★基地問題 沖縄と国 対立続く

    翁長雄志知事の死去に伴う沖縄県知事選で、玉城デニーさんが初当選しました。玉城知事はアメリカ軍普天間飛行場を名護市辺野古に移設する国の方針に反対。政府との応酬が続いています。

    ★資源が眠る都市鉱山

    東京オリンピック・パラリンピックのメダルを「都市鉱山」から作る取り組みが始まっています。都市鉱山とは、使用済み携帯電話やパソコンなどから取り出したリサイクル金属のこと。日本の「埋蔵量」は世界有数です。

    ★進む脱プラスチック

    プラスチック製品が身の回りにあふれています。使用後は大量のごみとなり、海に流れたものが深刻な海洋汚染を引き起こしています。ストローやレジ袋など、使い捨てプラ製品の使用を抑える動きが進んでいます。

    ★食虫植物のナゾ

    虫を食べる食虫植物にはいろいろな種類があります。葉のにおいに誘われて近づいた虫を挟み込んだり、吸い込んだりと、取り方も個性的。植物園でしか見られないと思いきや、国内各地に自生地が分布しています。

    ★オールカラーで図表やイラスト満載。図鑑を見るような楽しさ。

    ★A4大で68ページ。月1回発行ですから負担になりません。

    ★記事は毎日新聞にのっとり、正確です。

    ★通常定価は450円、書店でどうぞ

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
    2. 米探査機 小惑星に「水」 米版はやぶさが観測
    3. 医療用麻薬乱用容疑、40代女性医師が死亡 仙台中央署が書類送検へ
    4. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
    5. 片山氏「100%開示」 収支報告訂正で 野党の追及に皮肉も

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです