メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSMクラシック

ハウエルが11年ぶりの勝利「できることを証明するまでに少し時間がかかった」(PGA Tour)

情報提供:PGA Tour

RSMクラシック 最終日

PGAツアー第8戦 RSMクラシック/ジョージア州 シーアイランド・リゾート

最愛の家族の前で栄冠を手にした

 チャールズ・ハウエルⅢは今大会、4日間を通じて首位をキープし、優勝を手にした。だが、3度目のツアータイトル獲得には、最後のひと踏ん張りが強いられた。

MORE:RSMクラシックの最新スコアはここをクリック!

 ハウエルはこの日、最終4ホールのうち3ホールでバーディを奪い、パトリック・ロジャースに並ぶ首位でホールアウト。そして、プレーオフ2ホール目でバーディを奪取して勝利をモノにした。

 最終日を後続に1打差でスタートしたハウエル。54ホール時点で首位に立ってから勝利を手にしたのは、これが初めての経験だ。日曜はバックナインで4アンダー31をマークし、勝利を手にした。

「できるとは思っていた。でも、今までは本当にできることを実際に証明したことはなかった」とハウエルは語る。

 優勝スコアは通算19アンダー263ストローク(64-64-68-67)だった。

「自分は絶対、ダンクシュートができると思い込んでいるような男みたいなものだ。でも、実際にできないなら、それはできないっていうことだ。成し遂げるまでに、少し時間がかかった」

 ツアー3度目、2007年以来の優勝だ。通算出場試合数529回。3勝目を手にするまでに、これほどの試合数がかかったのは、ハウエル以外には2選手のみ。ハウエルはキャリアの中で16回、2位フィニッシュしている。

 今大会で優勝したハウエルは、フェデックスカップ・ランキング首位で新年を迎えることになる。

パトリック・ロジャース(右)も初優勝を目指して懸命に追い上げたが、プレーオフで敗れた Photo by Ben Jared/PGA TOUR

 この日、3番ホールのティーグラウンドに向かった時点で、ハウエルはすでに首位から3打差に転落していた。

 1番パー4でドライバーショットをフェアウェイバンカーに打ち込んでボギーとした後、2番パー4でやはりドライバーでフェアウェイ右のハザードに打ち込み、ダブルボギーを喫した。この時点で優勝のチャンスはなくなったとハウエルは思った。

 だが、5番パー4と6番パー3でバーディを重ねて巻き返したハウエル。前半を1オーバー36で折り返し、バックナインはバーディでスタートを切った。

 バックナインでは、ハウエル、ロジャース、ウェブ・シンプソン、キャメロン・チャンプの4人が、それぞれ1度は首位に立った。

 その後、最終組の2組前でプレーしていたロジャースが、14番パー4と15番パー5でバーディを決め、後続に2打差と抜け出た。ただ、最終組のハウエルには、それを追うだけの力が残されていた。

 ハウエルの追撃が始まったのは、15番パー5だ。この日、最も攻めやすかったホールで2オン2パットのバーディを決め、16番パー4でも5.5メートルのバーディパットをねじ込むと、通算18アンダーでロジャースに並んだ。

 ロジャースが18番パー4でバーディフィニッシュを果たすと、ハウエルは17番パー3でティーショットをピンそば1.5メートルにつけてバーディを奪った。

「18番にチャンスをつなげるためには、これを入れなきゃいけないと、その時点で分かっていた。それによって、パットを打つのが簡単になったような感じだった」とハウエルは語った。

ウィニングパットが決まった瞬間、ハウエルは積年の思いがこみ上げ、その場でうずくまった Photo by Ben Jared/PGA TOUR

 “そのパット”を決めて17番ホールでロジャースに並んだ後、18番ホールで6.5メートルのバーディパットがわずかに外れたのを見て、ハウエルは悔しそうにヒザを落とした。

 プレーオフ1ホール目でも、4メートル強のバーディパットは、ほんのわずかな差で入らなかった。

 そしてプレーオフ2ホール目で、ついにバーディパットがカップイン。優勝を決めた。

「ゴルフっていうのは、残酷なスポーツだよ。本当の高みに上り詰めるには、とんでもないどん底をたくさん経験しなきゃいけない。もし自分がやっていることは正しいと本当に信じているなら、プレーを続けるべきだという素晴らしい教訓だ」


情報提供:PGA Tour

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  3. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  4. ムシに学んだ高精細印刷 インキ不要、安価に発色 京大グループ開発
  5. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです