メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

火災警報器アラーム受け消防隊出動、「犯人」はペットのオウム

 11月16日、BBCの報道によると、英イングランドのダベントリーで火災警報器が鳴ったとの住民からの通報を受けて消防隊員が駆けつけると、火災は発生しておらず、警報の原因はペットのオウム(写真)がアラーム音をまねていたことだったと判明。写真は動画から(2018年 ロイター)

 [ダベントリー(英国) 16日 ロイター] - 英イングランドのダベントリーで、火災警報器が鳴ったとの住民からの通報を受けて消防隊員が駆けつけると、火災は発生しておらず、警報の原因はペットのオウムがアラーム音をまねていたことだったと判明した。BBCが報じた。

     報道によると、ダベントリーに住む63歳の男性は14日、自宅で火災警報器が鳴るのを3回耳にした。連絡を受けた消防隊が到着し、煙探知機を掃除。しかしアラーム音は鳴りやまず、音の出所を調べた結果、ペットのオウムにたどり着いたという。

     消防はBBCに対し、火災警報器が1回誤って鳴った後、オウムがアラーム音をまねたとみられる、と述べた。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
    2. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
    3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
    4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
    5. 米軍燃料流出、131件日本側に知らされず 開示文書では環境への影響「Yes」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです