メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

インドで初のゾウ専門病院、治療と学習の場に

 11月18日、インドのウッタルプラデーシュ州で16日、同国初のゾウ専門病院がオープンした。虐待されたゾウを治療するほか、野生動物の保護に関心を持つ学生の学習の場にすることを目指している。写真は17日撮影(2018年 ロイター/Anushree Fadnavis)

[PR]

 [マトゥラー(ウッタルプラデーシュ州) 18日 ロイター] - インドのウッタルプラデーシュ州で16日、同国初のゾウ専門病院がオープンした。虐待されたゾウを治療するほか、野生動物の保護に関心を持つ学生の学習の場にすることを目指している。

 ?? インドには野生のゾウが約2万5000頭おり、絶滅危惧種に指定されている。ゾウは文化的・宗教的な象徴として崇敬されているが、同時に穀物や人家、時には人を襲うこともある。

 ??? 全土に数百のゾウが観光などのためにつなぎとめられており、ゾウ使いや持ち主が調教のため鋭い金属製の手カギで虐待するのもよくあることだ。

 ??? 何年にも渡って虐待され、足が不自由になったり、視覚、聴覚障害などを起こした末に解放されるケースもあり、同病院では、こうしたゾウを受け入れる。レントゲンなど医療器具も備わっている。

 ??? 治療が完了した後は、隣接する保護センターに移される。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大惨事になりかねない」マスクやゴム手袋…海に「コロナごみ」、欧州で問題化

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

  4. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  5. 大阪モデル「黄信号」点灯 未就学児含む32人新たに感染 宣言解除後で最多

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです