メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

ダーツ世界大会、試合敗北の選手が相手の「おなら」のせいと苦情

 11月17日、ダーツの世界大会グランドスラムの準々決勝進出をかけた試合で、スコットランドのゲーリー・アンダーソン選手(写真)と対戦したオランダのウェズリー・ハームズ選手が、アンダーソン選手が発した「悪臭」に影響されたと抗議している。写真は2016年3月撮影(2018年 ロイター/Action Images/Peter Cziborra)

[PR]

 [17日 ロイター] - ダーツの世界大会グランドスラムの準々決勝進出をかけた試合で、スコットランドのゲーリー・アンダーソン選手(47)と対戦したオランダのウェズリー・ハームズ選手が、アンダーソン選手が発した「悪臭」に影響されたと抗議している。

 試合は英イングランド中部のウルバーハンプトンで行われ、2度の世界チャンピオンのアンダーソン選手は、この試合でも勝利した。

 この苦情に対し、アンダーソン選手は悪臭は観客席のほうから来たと示唆。「(ハームズ選手が)私が放屁したと考えているなら、1010%間違っている。以前、対戦中に腹具合が悪かったことがあり、そのときには不調を認めた。今回も、試合中に放屁したならうそはつかない」と反論した。

 一方ハームズ選手は、「(アンダーソン選手の)傍を通ると腐った卵の臭いがしたので、彼がやったと思った。大変臭かった。その後、彼は調子が出てきたので、ガス抜きの必要があったと思った」と語った。

 ダーツ・トーナメントを主催する英プロ団体PDCのバリー・ハーン会長はBBCに、これまでに「経験のない」事態とし、「こんな問題は初めてだ。悪臭を放つものは他にも存在するが、無音のおならは最悪だ」と述べた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 首相、全国の緊急事態宣言解除を発表 「世界的に厳しい基準をクリアした」

  3. 森法相、黒川氏訓告は「法務・検察で判断」 官邸主導の一部報道を否定

  4. エンタメノート リアリティー「風」番組と匿名中傷の悲劇 女性レスラー急死の教訓

  5. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです