メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

ベルギー指揮官、スイスに逆転負けを喫し「コントロールできなかった」

情報提供:サッカーキング

ベルギー代表を率いるマルティネス監督 [写真]=Getty Images
 UEFAネーションズリーグ・リーグA・グループ2第6節が18日に行われ、ベルギー代表はスイス代表と対戦した。試合は17分で2点を先制したベルギーだったが、26分にPKで1点を返されると流れは一気にスイスに。前半のうちに逆転されると、後半にも2点を奪われ、2-5で試合終了。ベルギーは逆転負けを喫し、準決勝進出を逃した。

 試合後、ベルギー代表を率いるロベルト・マルティネス監督が、UEFA(欧州サッカー連盟)の公式HP『UEFA.com』のインタビューに応じ、敗因について次のように語った。

「我々はいい入りをすることができた。2点を先制して、その時点では試合をコントロールすることができた。今日の試合で起きたことは自然なことだと思う。決勝戦のような試合だったしね」

「スイスは全選手の気持ちを前に持っていかなきゃいけなかったし、勢いをつけなければいけなかった。そして、PKを与えたことで、我々の気持ちは変わってしまった。そこからの守備はひどく、相手にたくさんのスペースを与えてしまった」

「2-1となった時点で、我々はどうにかして再び試合をコントロールしようとしなければいけなかった。でも、それができず、そこは失望している」

 また、敵地での試合だったことも試合に大きく影響を与えたことを明かした。

「ここ(敵地)に来てこの雰囲気に慣れて、試合をコントロールすることは簡単なことではない。2点を先制して試合に入れたことは完璧なシナリオだった。しかし、その後に集中して試合をコントロールしようと努力はしていたが、それができなかった」

【関連記事】
●スイスがベルギーに圧勝! 2点ビハインドから大量5得点で大逆転
●アザール、今年のバロンドール受賞者を予想「僕よりもムバッペだ」
●「素晴らしい気分」…クロアチア戦で逆転弾の主将ケイン「誇りだ」
●遠藤保仁がJ1史上2人目の快挙達成…欧州で600試合出場を果たしたのは?
●上昇率と下降率で見る…この1年で最も市場価値が変化した選手たち

情報提供:サッカーキング

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソフトバンク解約1万~2万件 通信障害で
  2. ソフトバンク株 「史上最大の新規上場」も期待外れ
  3. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 寝屋川中1殺害 「遺体の声」どう判断 求刑は死刑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです