メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 小川糸さん ベルリンと母を語る

エッセー集『針と糸』が刊行された作家、小川糸さん=2018年11月12日東京千代田区のレストランアラスカで、内藤麻里子撮影

 ■針と糸 小川糸(おがわ・いと)さん 毎日新聞出版・1512円

 2008年、初版4000部で始まった単行本デビュー作「食堂かたつむり」が映画化され、翻訳版まで含めると100万部のベストセラーに。「つるかめ助産院」「ツバキ文具店」が相次いでテレビドラマ化されるなど、注目される作家のエッセー集だ。

 作家を形作る「針と糸」が垣間見られるが、中でもドイツ・ベルリンと母のことが大きな印象を残す。

 ベルリンを「心のふるさと」という。心を奪われたのは08年、初めて仕事で訪れた時のこと。自転車で坂道…

この記事は有料記事です。

残り655文字(全文900文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. 高2男子に切りつけ、強盗殺人未遂容疑で中国籍の男逮捕 埼玉・蕨

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 途上国の問題を体験・共感して 「すごく恥ずかしい」シースルートイレが登場

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです