メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 小川糸さん ベルリンと母を語る

エッセー集『針と糸』が刊行された作家、小川糸さん=2018年11月12日東京千代田区のレストランアラスカで、内藤麻里子撮影

 ■針と糸 小川糸(おがわ・いと)さん 毎日新聞出版・1512円

 2008年、初版4000部で始まった単行本デビュー作「食堂かたつむり」が映画化され、翻訳版まで含めると100万部のベストセラーに。「つるかめ助産院」「ツバキ文具店」が相次いでテレビドラマ化されるなど、注目される作家のエッセー集だ。

 作家を形作る「針と糸」が垣間見られるが、中でもドイツ・ベルリンと母のことが大きな印象を残す。

 ベルリンを「心のふるさと」という。心を奪われたのは08年、初めて仕事で訪れた時のこと。自転車で坂道…

この記事は有料記事です。

残り655文字(全文900文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  2. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  3. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  4. 皇居近くの首都高でトレーラー炎上

  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです