メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
Topics

歌舞伎座「阿古屋」 「難役」後進に継承 中村梅枝、児太郎が初挑戦

 琴、三味線、胡弓(こきゅう)の三曲を奏でながら演技をする「阿古屋(あこや)」は六世中村歌右衛門が得意とし、没後に演じているのは坂東玉三郎のみの女形の大役だ。その難役を、12月の東京・歌舞伎座の夜の部で玉三郎、中村梅枝、中村児太郎が日替わりでつとめる。

 玉三郎の初演は1997年。教えを受けた六世歌右衛門の体調はすでに万全ではなかった。そこで自身は、「阿古屋」をできるうちに後進に指導しておきたいと思ったと明かす。「演じているうちに手なれていくことがあると思います。継承できるかはわかりませんが、とにかくやる、ということです。歌舞伎座でこの大役をするのは若い2人には重荷と思いますので、分担することにしました」

 傾城(けいせい)(遊女)の阿古屋は平家の武将、景清の恋人。源氏方の岩永は阿古屋を拷問に掛けて景清の…

この記事は有料記事です。

残り653文字(全文1008文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです