メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊訴訟 3人目の初弁論、来年1月28日に 地裁 /宮城

 旧優生保護法(1948~96年)下で知的障害を理由に不妊手術を強制された県内の60代女性が国に3300万円の損害賠償を求めた訴訟で、仙台地裁(小川理佳裁判長)は、第1回口頭弁論を来年1月28日に指定した。同地裁で先行している原告2人とは別に審理する。

 訴状によると、女性は子どものころに「中等度精神…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  4. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  5. 「学びに年齢は関係ない」62歳男性が経済学部代表 京大卒業式 4月からは大学院生

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです