メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

麺食い・列島味便り

おしぼりうどん 長野県坂城町 ねずみ大根、搾り汁に甘み

大根の搾り汁(右上)にうどんをつけて食べる郷土食「おしぼりうどん」=長野県坂城町中之条のうどん・そば店「かいぜ」で、鈴木健太撮影

 信州といえばそば、といわれるが、うどんもうまい。長野市や近隣の千曲市、坂城町など千曲川流域では「おしぼりうどん」が古くから親しまれている。うどんをつけるのは大根の搾り汁だ。

 身にしみて大根からし秋の風--。松尾芭蕉のこの句(更科紀行)は坂城町に滞在した際にこのうどんを食べて詠んだのでは、と地元ではいわれる。

 上信越道坂城インターチェンジから車で約3分。地元の辛味大根「ねずみ大根」やリンゴ、柿を育てる畑に囲…

この記事は有料記事です。

残り1042文字(全文1247文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 外国人保育施設「無償化から外れる?」 保護者ら不安、母語での保育「貴重」
  3. 熊本地震3年 「ワンピース」のキャラクター像8体 設置自治体を決定 熊本県
  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警
  5. 直前「胸騒ぎ」で井戸 命つなぐ 神戸の92歳、二つの大地震の経験生かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです