メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

麺食い・列島味便り

おしぼりうどん 長野県坂城町 ねずみ大根、搾り汁に甘み

大根の搾り汁(右上)にうどんをつけて食べる郷土食「おしぼりうどん」=長野県坂城町中之条のうどん・そば店「かいぜ」で、鈴木健太撮影

 信州といえばそば、といわれるが、うどんもうまい。長野市や近隣の千曲市、坂城町など千曲川流域では「おしぼりうどん」が古くから親しまれている。うどんをつけるのは大根の搾り汁だ。

 身にしみて大根からし秋の風--。松尾芭蕉のこの句(更科紀行)は坂城町に滞在した際にこのうどんを食べて詠んだのでは、と地元ではいわれる。

 上信越道坂城インターチェンジから車で約3分。地元の辛味大根「ねずみ大根」やリンゴ、柿を育てる畑に囲…

この記事は有料記事です。

残り1042文字(全文1247文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです