メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いばらき魅力見つけ隊

常陸大宮・山方淡水魚館 久慈川の生態系表現 /茨城

 「日本一小さな規模」をうたい文句にしている水族館に興味をひかれ、常陸大宮市山方の久慈川河畔にある「山方淡水魚館」を訪ねてみた。

 久慈川水系に生息する魚の観察施設として、合併前の旧山方町が1986年にオープンさせた。久慈川とは関連はないが、国の天然記念物に指定されているオオサンショウウオを展示するため、1991年に増築した。公益財団法人「常陸大宮市振興財団」が運営している。

 鉄骨平屋建ての建物に入ってすぐに出迎えてくれるのが、「大好き」ちゃん▽「山」ちゃん▽「里」ちゃん-…

この記事は有料記事です。

残り763文字(全文1001文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  5. 粗悪ホイール販売容疑 カー用品大手「オートウェイ」社長ら3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです