メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

群馬大

出産後の禁煙継続を支援 医療機関などと連携 「高喫煙率県」汚名返上目指す /群馬

 妊娠を機に禁煙した女性が出産後に再びたばこを吸い始めるのを防ごうと、群馬大は12月に、全国初となる産学官民が連携した支援ネットワークを設立する。研究成果などの情報を共有し、効果的な禁煙対策につなげる。群馬大は「妊娠で禁煙する女性は多いが、出産後は半数近くが戻ってしまう。いかに禁煙を継続するかが大切」と話している。

 ネットワークは、医療機関や行政、企業などで構成する。ホームページやパンフレットの作製▽シンポジウム…

この記事は有料記事です。

残り474文字(全文682文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  3. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 大津中2自殺 いじめとの因果関係認定 元同級生側2人に賠償命じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです