メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

上総日記

解読し出版 江戸時代の国学者・岡田真澄の旅行記 船旅記録、海上交通知る資料に 木更津の古文書サークル /千葉

 木更津市の古文書サークルが、江戸時代の国学者、岡田真澄(1783~1838年)の旅行記「上総日記」の草書体の変体仮名と漢字交じりの文章を解読し、現代文にして今月出版した。船旅の様子が記録されており、当時の海上交通などを知る上で貴重な歴史資料と言えそうだ。【上遠野健一】

 岡田は江戸時代を代表する学問「国学」を学び、平仮名の字源研究書「仮字考(かなこう)」の著作で知られる。

 古文書サークル会員で日記を発見した上杉義隆さん(73)によると、「上総日記」は3年前、国立国会図書…

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文628文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 台風19号 福島・いわき市で6人の死亡確認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです