メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国小水力発電大会

全国トップの出力合計、箇所数 産官学700人参加へ 講演やパネル討論など 富士宮で来月 /静岡

 富士宮市は、「第4回全国小水力発電大会in富士宮」の開催内容を発表した。「未来を照らす、地域の水の恵み」をスローガンに12月13~15日の3日間、基調講演やパネル討論、分科会、発電施設などの視察を行う。須藤秀忠市長は「自然エネルギーの普及へ、市民が関心を持つ機会にしたい」と語った。

 市によると、市内には芝川などに小水力発電所(出力1000キロワット以下)が12カ所あり、出力合計は6350キロワット。箇所数、出力合計ともに全国の自治体でトップという。市は3月、東京発電・白糸発電所(出力860キロワット)東側…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文640文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  2. 「このままでは核兵器はなくならない」 ジャパネット創業者が「伝える」核廃絶と平和

  3. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  5. 遺体引き渡しミス 「死んだ夫」ひょっこり 警視庁亀有署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです