メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

落語会

初代・桂文治しのび 文我さん、11代目文治さん 最期の地・四日市で、命日の29日 /三重

 東京と上方の東西落語界で「桂(かつら)」の亭号を持つ一門の祖で、巡業先の四日市市で死亡したとされる初代桂文治(1773~1816年)をしのぶ落語会が命日の29日、最期の地の同市内で開かれる。県内在住で初代の墓を守る上方落語家、桂文我さん(58)と、東京落語の当代11代目、桂文治さん(51)による「初代文治没後202年記念 東西落語会」。【尾崎稔裕】

 会場は近鉄四日市駅前の近鉄アートホール(近鉄百貨店四日市店11階)。昼夜2公演で、文我さん、文治さ…

この記事は有料記事です。

残り517文字(全文743文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです