tugumi

「働くこと」向き合う 築140年、町家の就活スペース 学生と企業をマッチング 大津 /滋賀

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ゲームを通じて貿易について考える学生と日産プリンス滋賀販売の小林勝史さん(右)=大津市瀬田の就活スペース「tugumi」で、小西雄介撮影
ゲームを通じて貿易について考える学生と日産プリンス滋賀販売の小林勝史さん(右)=大津市瀬田の就活スペース「tugumi」で、小西雄介撮影

 大津市瀬田にある築約140年の町家に、地元の学生と企業のマッチングを支援する就活スペース「tugumi(ツグミ)」がある。座談会形式で月3回程度、少人数での交流会を開き、学生や企業側が本音で語り合う。大学生の就職活動ルールを巡り、政府と経済界、大学関係者の間で綱引きが続く中、「働くこと」にじっくりと向き合う取り組みが輪を広げている。【小西雄介】

この記事は有料記事です。

残り1134文字(全文1308文字)

あわせて読みたい

注目の特集