メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長浜城主時代の秀吉 太閤検地や近世城下町の原点 太田さんが出版 /滋賀

新著「近世への扉を開いた羽柴秀吉」を手にする太田浩司さん=滋賀県長浜市八幡東町で、若本和夫撮影

 長浜市の太田浩司学芸専門監(57)が「近世への扉を開いた羽柴秀吉~長浜城主としての偉業を読む」(サンライズ出版)を出版した。羽柴(豊臣)秀吉が初めて城主となった長浜時代の業績に新たな光をあてた画期的な力作。後に天下人となった秀吉が実施した太閤検地や近世(江戸時代)城下町の原点が、長浜での施策や都市形成にあったことなどを独自の視点で描き出している。

 織田信長の家臣だった秀吉は、北近江を治めていた浅井氏攻めの先鋒(せんぽう)を務めた。浅井氏の居城・…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文582文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです