メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漆黒を照らす

/70 続く北朝鮮漁船の漂着 漁夫は貧しい庶民 /大阪

木造船の内部を確認する警察官ら=秋田市で、川口峻撮影

 今秋も、北朝鮮のものと見られる木造船が、日本海沿岸に続々と漂流・漂着している。昨年は100隻超の船と35人の遺体が見つかった。また、北朝鮮漁船員が北海道松前町の無人島に上陸して窃盗を働いて騒ぎになったことは記憶に新しい。報道された画像を見る限り、木造船はその形状から北朝鮮のイカ漁船に間違いないだろう。

 北朝鮮のイカ漁は6~11月が最盛期で日本と同じ。スルメや冷凍イカに加工され主に中国に輸出されてきた。海産物は北朝鮮の2016年の輸出額3位で、約200億円を稼いだ。イカはその主力産品だ。しかし、昨年、国連安全保障理事会が決めた経済制裁によって海産物は全面禁輸になった。販路が断たれてイカ漁は低調になり、船の漂着も激減するだろう、私はそう予測していた。

この記事は有料記事です。

残り905文字(全文1233文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  2. 川崎の駐車場で露出 公然わいせつ容疑で港区議逮捕 否認「右手で隠していた」

  3. 時の在りか 「もう菅政権になっている」=伊藤智永

  4. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  5. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです