メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第20回身体障害者補助犬シンポジウム

宝塚からもう一度発信を /兵庫

補助犬の現状やバリアフリー社会の実現に向けた課題を話し合う補助犬トークのパネリストたち=兵庫県宝塚市のソリオホールで、小松雄介撮影

 「なくそう心の段差」を合言葉に「第20回身体障害者補助犬シンポジウム」が3日、宝塚市栄町2のソリオホールで開催された。補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)の使用者や支援者ら約300人が参加し、「補助犬トーク」でバリアフリー社会の実現に向けた課題などを話し合った。また、視覚障害のある漫談家・濱田祐太郎さん(29)が実体験を踏まえた「障害者に対する周囲の先入観」を漫談で披露、会場は笑いに包まれた。宝塚市、NPO法人「日本補助犬情報センター」(横浜市)、毎日新聞社でつくる実行委員会が主催し、県政150周年記念県民連携事業と毎日新聞大阪社会事業団「シンシア基金」の助成を受けて実施された。【高尾具成、土居和弘、石川勝義、近藤諭、写真はいずれも小松雄介撮影】

 補助犬トークでは、「日本介助犬使用者の会」会長の木村佳友さんと介助犬デイジー▽日本補助犬情報センタ…

この記事は有料記事です。

残り3208文字(全文3584文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  2. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. 太陽の塔、20日から光のイベント 8月25日まで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです