メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

M4R

難民問題、料理から関心を 「故郷の味」提供 関学大で /兵庫

「難民問題を身近に感じるきっかけに」と話す難民支援サークルの学生たち=兵庫県三田市の関西学院大神戸三田キャンパスで、粟飯原浩撮影

 日本で暮らす難民の故郷の味を提供し、売り上げの一部を支援する「Meal for Refugees(M4R)」が19日、関西学院大の西宮上ケ原キャンパス(西宮市上ケ原一番町)、神戸三田キャンパス(三田市学園2)で始まった。22日まで。

 M4Rは、2013年にミャンマー難民を両親にもつ関西学院大の学生(当時)が発案して西宮上ケ原キャンパスで始まり、5回目。

 今年は神戸三田キャンパスでも取り組むことになり、難民支援サークル「J-FUNユースK.G.」が企画…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文491文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  5. デートDV 経験10代女性の44% NPO広域調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです