メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

やまと人模様

踏切内の女性を救助 池田一光さん 勇気ある行動「当たり前」 /奈良

踏切内で立ちすくむ女性を救助し、警察庁長官の感謝状を受け取った池田一光さん=奈良県王寺町の県警西和署で、数野智史撮影

池田一光さん(67)=安堵町

 警報音が鳴り響く踏切内で立ちすくむ高齢女性を救助し、警察庁長官から感謝状を贈られた。「当たり前のことをしただけ。まさかこんな感謝してもらえるとは」。遮断機をくぐってから電車が通過するまでたった18秒間の危険な救出劇だったが、謙遜気味に賛辞に応えた。

 生まれ育ったのは安堵町東安堵のJR関西線沿いにあった住宅街。6月、原付きバイクを走らせて実家の跡地を見に行った帰りに遮断機の前で停止すると、踏切内に女性がぼうぜんと立ち尽くしていた。「何してんねん!」。バイクを止めて大声で駆け寄ると、足元に女性の…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文658文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  2. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

  3. 相模原殺傷被告、障害者排斥の主張変えず 「死怖い」極刑は恐れ

  4. JAつくば市の子会社、ベトナム人実習生に上限超え労働 最長は月180.5時間

  5. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです