メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

輝集人

ひきこもり者を支援するNPO法人「エルシティオ」理事長 金城清弘さん 寄り添う「場所」大事に /和歌山

金城清弘さん(85)

 和歌山市に2002年、ひきこもりの若者を支援する共同作業所「エルシティオ」を設立した。以後、支援活動を16年。「ひきこもるのは何かつらい思いを抱えているから。家族にも理解されない場合がある。安心できる居場所を提供し、思いに寄り添うのが私の役割」と語る。

 県内で長らく小学校教員を務め、退職した1994年から教職員組合で不登校やいじめの相談業務に取り組んだ。そこで知ったのが、ひきこもる若者の存在だ。「不登校の子供が成長して、そのままひきこもっているケースもあった。居場所や相談できるところがない状況に心が痛んだ」。ひきこもりへの対応に特化した施設を作ろうと考えた根っこには、そんな思いがあった。

 エルシティオはスペイン語で「場所」。現在、20~30代の男女5人が通い、ゲームや漫画などを自由に楽…

この記事は有料記事です。

残り482文字(全文840文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです