和白干潟を守る会

「自然守り継いで」 山本代表が九産大で講演 /福岡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 博多湾の和白干潟の保全活動を30年続けている市民団体「和白干潟を守る会」の山本廣子代表が17日、福岡市東区の九州産業大で講演し、学生ら約40人が聴き入った。

 和白干潟は博多湾の東の奥にあり、絶滅が危惧されるクロツラヘラサギが渡ってくるなど世界的にも貴重な自然が残る。山本さんらは、干潟の埋め立て計画…

この記事は有料記事です。

残り221文字(全文371文字)

あわせて読みたい

ニュース特集