メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長湯温泉

炭酸泉で健康づくり クアハウス完成、来春オープン /大分

 炭酸泉で知られる竹田市直入町の長湯温泉に、世界的な建築家、坂茂さんが設計したクアハウス(温泉利用型療養施設)が完成した。水着でお湯の中を歩いて運動できる「歩き湯」も備え、炭酸泉を利用した健康づくりの拠点となる。

 クアハウスは、芹川沿いにある国民宿舎「直入荘」の跡地に建設された。鉄骨2階建て約650平方メートル。ドーム型屋根の温泉棟と、長さ約50メートルの歩き湯からなり、川のせせらぎを聞きながら自然を楽しめる。

 温泉の浴室のほか、水着で入る温泉プール、トレーニングルーム、多目的ホールなどを備え、医師の処方箋をもとに保健師らが入浴指導をする。10月7日に開かれた内覧会で、坂さんは「四季折々の景色と一体となって温泉を楽しみながら健康増進につながる施設」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文548文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「欅坂46」から「櫻坂46」に 新グループ名発表

  2. 「絶対に帰ってこられるから、頑張って」 キャンプ場で女児不明1年 母からの伝言

  3. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  4. 藤井が2冠奪取 王位戦の「封じ手」3通、計2250万円で落札 第4局は1500万円

  5. 「メンバー意向尊重し『少年隊』の名は残すことに」 錦織さん、植草さん退所 ジャニーズ事務所の「報告」全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです