メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縮む日本の先に

「移民社会」の足音/5 文化継承担う留学生

日本料理の調理実習で講師(右端)のお手本を見つめるフィンランド出身のバエリノロさん(左端)ら=大阪市阿倍野区の辻調理師専門学校で2018年10月16日、幾島健太郎撮影

 「肉じゃがのダシの味を舌で覚えて」。講師の指示で、フィンランド出身の女性、バエリノロ・バン・アンさん(21)は真剣な表情で小皿のダシ汁を口にふくんだ。辻調理師専門学校(大阪市阿倍野区)の2年制コースの授業風景。同校の調理師免許が取得できるコース全体でみると、約1300人の専門学校生の1割超にあたる178人が海外からの留学生だ。

 在日フィンランド大使館に勤めた経験がある母親を持つバエリノロさん。日本料理に関心を持つようになり、…

この記事は有料記事です。

残り1357文字(全文1572文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. センバツ「21世紀枠」候補9校を発表 釧路湖陵、八尾など
  5. 東名あおり 強固な犯意「常軌逸している」 懲役18年判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです