メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縮む日本の先に

「移民社会」の足音/5 文化継承担う留学生

日本料理の調理実習で講師(右端)のお手本を見つめるフィンランド出身のバエリノロさん(左端)ら=大阪市阿倍野区の辻調理師専門学校で2018年10月16日、幾島健太郎撮影

 「肉じゃがのダシの味を舌で覚えて」。講師の指示で、フィンランド出身の女性、バエリノロ・バン・アンさん(21)は真剣な表情で小皿のダシ汁を口にふくんだ。辻調理師専門学校(大阪市阿倍野区)の2年制コースの授業風景。同校の調理師免許が取得できるコース全体でみると、約1300人の専門学校生の1割超にあたる178人が海外からの留学生だ。

 在日フィンランド大使館に勤めた経験がある母親を持つバエリノロさん。日本料理に関心を持つようになり、…

この記事は有料記事です。

残り1357文字(全文1572文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 広陵が2回戦進出 河野が3安打完封で八戸学院光星降す
  4. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  5. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです