メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

日産ゴーン会長逮捕 19年、長過ぎた君臨 V字回復の「立役者」

3社のトップに立つゴーン会長

 世界最大規模の自動車グループを率いるカルロス・ゴーン容疑者が19日、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで逮捕された。経営破綻寸前だった日産自動車をV字回復させた希代の「カリスマ経営者」だが、長く権力の座に座り続けたことが不正を招いた。仏ルノー、三菱自動車を含めた3社を率いる「要」だったゴーン会長が自身の不正で突然退場する非常事態。3社のバランスが不安定化するのは不可避で、自動車業界の勢力図への影響も計り知れない。

この記事は有料記事です。

残り1721文字(全文1939文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  2. 75歳以上の医療費負担 2割に引き上げ 政府検討

  3. 日韓 日韓 感情的な連鎖断ち切る「蒸し返し」はダメ

  4. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

  5. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです