メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

監督は笑った=玉木研二

 <ka-ron>

 小学校道徳教科書の「星野君の二塁打」。野球で犠牲バントの指示に反して強打し勝利をもたらした星野君が、監督にルール破りの誤りを鋭く指摘され、深く反省する。今月この欄でも紹介したところ、大阪市阿倍野区のヘルパー、大森敏枝さん(70)から「中学のソフトボール部対抗試合を思い出しました」とお便りがあった。

 1960年代初めごろである。幼い時から遊びは男の子たちと草野球。ママゴトやオハジキも興味はなかった。

この記事は有料記事です。

残り782文字(全文992文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クックパッドニュース 一生使える!レストランシェフが作った「ゆで卵の時間表」が超絶便利

  2. 「サムハラ神社」神職が祈とう中にわいせつ行為の疑い 大阪府警が逮捕

  3. 政府のウィズコロナ「間違っている」? 疫学専門医師が訴える「ゼロコロナ戦略」とは

  4. 大阪は新たに273人感染、300人下回るのは3週間ぶり 新型コロナ

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです