メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

監督は笑った=玉木研二

 <ka-ron>

 小学校道徳教科書の「星野君の二塁打」。野球で犠牲バントの指示に反して強打し勝利をもたらした星野君が、監督にルール破りの誤りを鋭く指摘され、深く反省する。今月この欄でも紹介したところ、大阪市阿倍野区のヘルパー、大森敏枝さん(70)から「中学のソフトボール部対抗試合を思い出しました」とお便りがあった。

 1960年代初めごろである。幼い時から遊びは男の子たちと草野球。ママゴトやオハジキも興味はなかった…

この記事は有料記事です。

残り783文字(全文992文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  2. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  3. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  4. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

  5. 私だけの東京・2020に語り継ぐ 漫画家・清野とおるさん 「ダメでいい」赤羽の深さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです