メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

監督は笑った=玉木研二

 <ka-ron>

 小学校道徳教科書の「星野君の二塁打」。野球で犠牲バントの指示に反して強打し勝利をもたらした星野君が、監督にルール破りの誤りを鋭く指摘され、深く反省する。今月この欄でも紹介したところ、大阪市阿倍野区のヘルパー、大森敏枝さん(70)から「中学のソフトボール部対抗試合を思い出しました」とお便りがあった。

 1960年代初めごろである。幼い時から遊びは男の子たちと草野球。ママゴトやオハジキも興味はなかった…

この記事は有料記事です。

残り783文字(全文992文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 15~39歳「AYA世代」のがん 女性が78% 国立がん研究センター調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです