メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

臨時国会

会期延長へ 入管法改正案審議遅れ

与党が想定する入管法改正案の審議日程

 政府・与党は12月10日までの今国会の会期を延長する調整に入った。外国人労働者の受け入れを拡大する入管法改正案を巡って、失踪した技能実習生の調査結果に誤りが見つかったことが影響した。臨時国会は2回延長できるため、与党は今後の国会の状況を見極めて延長幅を検討する。

 安倍晋三首相は19日の自民党役員会で、法務省の集計ミスについて「大変遺憾だ。これまで以上に気を引き締めて丁寧な説明を行う」と述べた。二階俊博幹事長は「国会の議論を順調に進めるには、政府がしっかりと準備をするのが当然だ」と苦言を呈した。

 与党は20日の衆院本会議で、立憲民主党が提出した法務委員会の葉梨康弘委員長(自民党)の解任決議案を…

この記事は有料記事です。

残り781文字(全文1082文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 発症者に中高年多く 持病あると高リスク WHOなど分析

  2. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  3. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  4. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  5. 行政ファイル 福山で15人食中毒 /広島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです