メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
蔵書拝見

浜田靖一氏/上 「破軍の星」 「芯」守る男に感動

浜田靖一氏=宮本明登撮影

 本屋さんで自分の好きな作家の棚を見る。長編シリーズの新刊がなければ既刊から「もう持ってたっけ?」と思いながら買うけど、やはり持っていた--。本好きによくある話だが、僕にとって北方謙三さんがそういう作家だ。

 この本の主人公の北畠顕家(きたばたけあきいえ)は南北朝時代の若い公家で、武将の面もある。「民とともに積み上げる大義」を意識し、仕えていた後醍醐天皇に疑問を持つ。死を覚悟し、「(中央の力が及ばない)陸奥の大地までひた駆けよう」と呼びかけて敵陣に突っ込むラストは圧巻だ。

 ハードボイルドを読みあさっていたころに北方作品に出会った。その後、北方さんは歴史を題材にし始める。…

この記事は有料記事です。

残り854文字(全文1141文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. 東北新幹線で走行中にドア開く 運転士が緊急停止

  3. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです