メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

人権侵害の改善には ヒューマン・ライツ・ウォッチ代表 ケネス・ロス氏

ヒューマン・ライツ・ウォッチ代表 ケネス・ロス氏

 アジア諸国などで人権状況が悪化している。独裁的指導者や大衆迎合的な政治家が政治的自由を抑圧し、民主主義を脅かす。先進国でも差別的言説が広がった。国際人権NGO「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」(HRW)のケネス・ロス代表(63)に対処法を聞いた。【聞き手・和田浩明、写真・山下浩一】

--北朝鮮や中国、東南アジア諸国などで人権状況が悪化しています。

 日本が拉致問題を抱える北朝鮮は、国連安全保障理事会が毎年、人権状況に関する討議を行う唯一の国だ。国連人権理事会=1=は2017年、国連人権高等弁務官のソウル事務所などの機能を強化し、人権侵害情報を集めることを認めている。

この記事は有料記事です。

残り2601文字(全文2885文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  2. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

  3. フジテレビ、「テラスハウス」打ち切り 木村花さん急死で

  4. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです