メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

人権侵害の改善には ヒューマン・ライツ・ウォッチ代表 ケネス・ロス氏

ヒューマン・ライツ・ウォッチ代表 ケネス・ロス氏

日本が擁護の先頭に

 アジア諸国などで人権状況が悪化している。独裁的指導者や大衆迎合的な政治家が政治的自由を抑圧し、民主主義を脅かす。先進国でも差別的言説が広がった。国際人権NGO「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」(HRW)のケネス・ロス代表(63)に対処法を聞いた。【聞き手・和田浩明、写真・山下浩一】

--北朝鮮や中国、東南アジア諸国などで人権状況が悪化しています。

 日本が拉致問題を抱える北朝鮮は、国連安全保障理事会が毎年、人権状況に関する討議を行う唯一の国だ。国…

この記事は有料記事です。

残り2653文字(全文2885文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  4. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです