メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国

EU離脱 移行延長も メイ首相「22年総選挙までに」

 【ロンドン矢野純一、ブリュッセル八田浩輔】英国のメイ首相は19日、ロンドン市内で開かれた英産業連盟(CBI)の年次総会で演説し、欧州連合(EU)からの離脱で、経済環境などの激変を緩和する2020年末までの移行期間の延長の可能性について言及した。離脱強硬派から「離脱時期が遅れる」と反発が出るのは必至だ。

 メイ氏は「(22年の)次期総選挙前に、移行期間を終わらせることが重要だ」と述べたが、具体的にどの程度、移行期間を延長させるかは言及しなかった。25日に予定されているEU臨時首脳会議前のメイ氏とEUのユンケル欧州委員長の最終的な交渉で、細部が詰められるとみられる。

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文514文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  2. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  3. 「自分が冤罪被害とは」事故1年後に逮捕の母 乳幼児揺さぶられ症候群

  4. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  5. 120度の高温で生息する微生物群発見 海底下1200メートル掘削調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです