メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小林・経済同友会代表幹事

外国人就労拡大は「拙速」 審議遅れ懸念

 経済同友会の小林喜光代表幹事は19日、東京都内で開かれた連合幹部との懇談会で、今国会の最大の焦点となっている外国人労働者受け入れ拡大の論議について「ちょっと拙速ではないか。まさに国家百年の計だ」と述べ、与野党に中長期的な視点を踏まえた議論を求めた。人手不足が深刻化する中、外国人労働者の受け入れ拡大を歓迎する経済界だが、議論不足に対する懸念が噴出した格好だ。

 連合の神津里季生会長も懇談後、記者団に「拙速との懸念を共有した」と述べ、同友会と意見が一致したことを強調した。ただ、小林氏の発言は、失踪した技能実習生に対する調査結果の集計ミスなどで、改正案の実質的な審議入りが遅れていることに対する苦言だ。

この記事は有料記事です。

残り771文字(全文1073文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  3. 乗客らバスでターミナル駅へ 陰性の高齢者ら500人、クルーズ船下船 新型肺炎

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 公営ギャンブル「1000万円以上の的中」徴税強化へ レース実施者、ネット購入情報提供へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです