メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学童保育

1人職員を容認 人材不足で基準緩和 厚労省方針

 厚生労働省は19日、地方分権改革の有識者会議で、共働きやひとり親家庭の小学生を預かる放課後児童クラブ(学童保育)の職員数と職員の資格要件に関する基準緩和の方針を示した。現在は職員2人以上の配置が義務付けられているが、1人でも認める。【横田愛】

 「なり手不足で待機児童が解消できない」との地方自治体の要望を受けた対応で、全国一律で義務付けていた基準を改め、参考とすべき「参酌基準」とし、市町村の裁量を拡大する。年内に対応方針を閣議決定し、来年の通常国会に児童福祉法改正案を提出する。

 かつては学童保育に関する全国一律の基準はなかったが、厚労省が2015年度から省令で基準を設けた。現在の基準では、職員は1クラス(おおむね40人以下)に2人以上配置。うち1人は保育士や社会福祉士などの資格を持つ人や、一定の勤務経験があり、都道府県の研修を修了した「児童支援員」とするよう義務付けている。

この記事は有料記事です。

残り1059文字(全文1451文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声をつないで 「いかに異常か気づいてほしい」中満泉・国連事務次長が海外から見た日本の現状

  2. 三菱UFJ銀行で新型コロナ感染 愛知・江南支店行員、直近の渡航歴なし

  3. 行政ファイル 横浜・炊飯器からネズミ見つかり給食の米飯提供中止 /神奈川

  4. 「1日に5000件処理」韓国が新型コロナを大量検査できる理由とは?

  5. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです