メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学童保育

1人職員を容認 人材不足で基準緩和 厚労省方針

 厚生労働省は19日、地方分権改革の有識者会議で、共働きやひとり親家庭の小学生を預かる放課後児童クラブ(学童保育)の職員数と職員の資格要件に関する基準緩和の方針を示した。現在は職員2人以上の配置が義務付けられているが、1人でも認める。【横田愛】

 「なり手不足で待機児童が解消できない」との地方自治体の要望を受けた対応で、全国一律で義務付けていた基準を改め、参考とすべき「参酌基準」とし、市町村の裁量を拡大する。年内に対応方針を閣議決定し、来年の通常国会に児童福祉法改正案を提出する。

 かつては学童保育に関する全国一律の基準はなかったが、厚労省が2015年度から省令で基準を設けた。現…

この記事は有料記事です。

残り1160文字(全文1451文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票を山本太郎票に 富士宮市選管が集計ミス 職員の思い込みで 静岡
  2. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  5. ORICON NEWS 松本人志“芸人仲間”に呼びかけ「プロ根性で乗り越えましょう」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです