特集

第80期名人戦

第80期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第77期名人戦A級順位戦 久保利明王将-糸谷哲郎八段 第21局の4

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

大決戦

 久保は図で[先]5四歩! 銀を逃げずに勝負に出た。前譜での[先]6四銀[後]6七との変化は[先]4八飛に[後]5六角で自信がなく、「本譜しかない」と金銀飛車を取り合う大決戦を選んだ。

 先手は大駒をすべて手放したが美濃囲いは健在。後手玉は薄いものの、と金がいい位置におり[後]6七とや[後]5七とが[後]3九角を狙えて味がいい。……ちなみに[先]3二成銀を[後]同玉と取るのは、玉を前進させるのが好きな糸谷流だ。[後]同金も自然だが、糸谷に言わせると玉が下にいると「窒息する」らしい。

 久保は[先]5四銀から後手玉に迫るが、[後]3一角が絶妙の攻防手。玉の退路を開け、角が出られれば先手玉もにらむ。前述で[後]3二同玉と取った手も生きている。

この記事は有料記事です。

残り572文字(全文896文字)

【第80期名人戦】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集