メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
食・FOOD

タイの塩釜焼き ふっくら蒸してうまみ浸透

 <くらしナビ ライフスタイル>

 冬が近づき魚がおいしくなる季節。年末に向けて人が集まる機会に、手軽なのに華やかさは抜群なタイの塩釜焼きはいかが。洋風炊き込みごはん、季節のフルーツ入りサラダとともに、料理研究家の平野由希子さんに教えてもらった。

 タイは「桜ダイ」といい春の産卵期に体がピンクになるのが有名だが、「タイがおいしいのは晩秋から冬にかけて。これからがお勧めです」。鮮魚店やスーパーで買うと下処理をしてくれるので、内臓やうろこを取ってもらう。自分で処理する場合はうろこを丁寧に取る。魚はふっくらと厚みがあり、表面に張りがあるもの、目が透き通っている新鮮なものを選ぼう。

 塩釜に使う塩は焼き終わったら捨ててしまうので、手ごろな価格の天然塩で大丈夫。卵白と小麦粉を加えると…

この記事は有料記事です。

残り1628文字(全文1966文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 香港のブルース・リー宅取り壊し ファン、保存訴えるもかなわず

  3. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです