連載

点字の周りで

見えない・見えにくい人にとって、社会は少しずつ暮らしやすくなっている面もあります。毎日新聞社が発行する国内唯一の週刊点字新聞「点字毎日」の記者が、機器や便利グッズ、福祉制度の紹介と共に視覚障害の世界を解説します。

連載一覧

点字の周りで

視覚障害の世界 11月1日は? 日本の点字制定記念日

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
点字本の読書を楽しむ宮永まゆみさん=澤田健撮影
点字本の読書を楽しむ宮永まゆみさん=澤田健撮影

 11月1日は何の日だったかご存じでしょうか? 1890(明治23)年に日本の点字が制定された記念日です。フランスで全盲のルイ・ブライユ(1809~52年)が考案した点字は、六つの点を組み合わせ、かな、数字やアルファベットなど、さまざまな記号を表せます。基本的に左手の人さし指で読み、全て横書き。約130の言語に対応し、選挙の投票で使えるのは、日本が世界で初めてといわれます。

 小学校教員だった京都市の宮永まゆみさん(63)は、12年前に失明し、全盲になりました。施設での2年間の訓練では、点字の習得に苦戦しましたが、今では、点字クラブのリーダーとして大活躍です。視覚障害の人のため録音図書もありますが、宮永さんは「指で読まないと、自分のものにならないんです」と点字の力を熱く語ります。

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文653文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集