メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パワハラ

3要件 厚労省提示 (1)優越な関係(2)業務を超え(3)苦痛与える

 厚生労働省は19日、職場でのパワーハラスメント防止策などを議論している厚労相の諮問機関・労働政策審議会の分科会に、企業に対し防止措置を講じるよう法律で義務づける方針を示した。また、顧客や取引先からの過剰なクレームなどいわゆる「カスタマーハラスメント」の防止策も労政審分科会に提示。「職場のパワハラに類するもの」と捉え、企業が講ずることが望ましい取り組みを指針に盛り込んで周知する考えも明らかにした。

 厚労省が示したパワハラの定義は、(1)優越な関係に基づく(2)業務上必要かつ相当な範囲を超えた言動により(3)就業環境を害すること(身体的、精神的な苦痛を与えること)--の3要件を満たしたものとし、この定義の具体例や企業が取るべき対策を指針で定める。「業務上適正な範囲内の指導」はパワハラには当たらないとし、典型的な類型や、該当しない具体例も示す。

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文773文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 京都市がホテル新規開業「お断り宣言」 オーバーツーリズム

  2. 東大大学院特任准教授が中国人差別ツイート 大学謝罪、企業は寄付停止表明も本人は反論

  3. 「いちごさん」親苗盗まれる 佐賀県の新ブランドイチゴ

  4. 大阪女児誘拐 容疑者は「せつじろう」 ハンドルネームでやりとり

  5. 野党のシュレッダー視察を内閣府拒否 「官房長の判断でだめと決まった」と押し切る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです