メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸製鋼所

「神鋼アセス認定、国誤り」 石炭火力巡り住民ら提訴

 神戸市灘区の神戸製鋼所敷地内に石炭火力発電所を増設する計画を巡り、近隣住民ら12人が19日、神鋼が作成した「環境影響評価書」を認めた経済産業省の確定通知は誤りだとして、通知の取り消しなどを求める行政訴訟を大阪地裁に起こした。火力発電所に関して電気事業法に基づく省令などに、地球温暖化対策の枠組み「パリ協定」に沿った二酸化炭素(CO2)の排出規制がないことの違法確認も求めている。

 住民側弁護団によると、世界で脱石炭の動きが進む中、天然ガスの約2倍のCO2を排出する石炭火力発電所計画が35基ある日本の環境行政を問う初めての訴訟という。

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文703文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 日産、全契約社員を正社員に 国内拠点の事務職800人弱 4月から

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  5. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです