メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第29回毎日大学フォーラム

これからの大学ブランディングを考える 世界と戦う改革重要/質の向上と支援課題(その2止)

海外大と連携で差別化 突きぬけたグローバル化をめざす~立命館のブランド戦略~ 学校法人立命館理事長・森島朋三氏

 私は理事長としての視点からお話ししたいと思います。ブランディングとは、そう簡単なものではありません。ブランドは下手をすれば、一日にして崩れるものですが、作り上げるには非常に時間がかかります。「伝統は革新の連続なり」と言われますが、伝統をブランドに置き換えて考えるなら、「ブランドは革新の連続なり」ということができます。

 大学においては、学生とその保護者の満足感がいかに得られるかが最大の鍵です。さらに、他大学との差別化…

この記事は有料記事です。

残り2860文字(全文3125文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 瀬戸内海、少し濁ってちょうどいい? 魚呼び戻せ 兵庫県が排水規制撤廃へ

  2. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  3. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  4. 菅氏「高級ホテル50カ所」構想に批判噴出 「なぜ国費」「被災地支援が先」

  5. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです