原発事故

福島の野生ニホンザルに放射性物質の影響か

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
福島市内に生息するニホンザル=羽山教授のチームの今野文治さん提供
福島市内に生息するニホンザル=羽山教授のチームの今野文治さん提供

二つの研究チームが英科学誌に報告

 福島県内に生息する野生のニホンザルについて、福島第1原発事故後、成獣の骨髄で血液のもとになる成分が減ったり、胎児の成長が遅れたりしたとする研究成果が英科学誌に相次いで報告された。事故で放出された放射性セシウムを木の皮などの食べ物から取り込んだことなどによる被ばくの影響の可能性があるという。

 成獣を調査したのは、福本学・東北大名誉教授(放射線病理学)らの研究チーム。福島第1原発から40キロ圏内にある南相馬市と浪江町で事故後に捕殺されたニホンザルを調べ、成獣18頭で骨髄中の成分を調べ他の地域と比べた。その結果、血小板になる細胞など血液のもとになる複数の成分が減っていた。さらに、一部の成分は、筋肉中の放射性セシウムの量から推定される1日あたりの内部被ばく線量が高い個体ほど、減り方が大きく…

この記事は有料記事です。

残り518文字(全文880文字)

あわせて読みたい

注目の特集