メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

「饗宴の儀」立食も 新天皇即位後の式典、簡素化

天皇陛下の退位と新天皇即位に伴う儀式の詳細を決める「式典委員会」の第2回会合で発言する安倍晋三首相(右)=首相官邸で2018年11月20日午前11時、川田雅浩撮影

政府が「式典委員会」2回目の会合

 政府は20日午前、来春の天皇陛下の退位と新天皇即位に伴う儀式の詳細を決める「式典委員会」の2回目の会合を首相官邸で開いた。新天皇の即位後に内外の賓客を招く「饗宴(きょうえん)の儀」を4回行うことを決めた。今の天皇陛下の即位の際は4日間連続で計7回催したが、儀式の簡素化と新天皇ご夫妻の負担軽減の観点から、4回に減らし、うち2回は立食形式とする。

 前回は三権の長や国会議員、各国元首ら約3400人を招待した。今回は来年10月22、25、29、31…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  2. トランプ氏相撲観戦 升席観戦で厳戒態勢
  3. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  4. 北海道・佐呂間で39.5度、5月史上最高 「体温超え」北海道10カ所以上
  5. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです