メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フランス

大統領が独首相と会談 「欧州軍」で脱・米依存

ドイツ連邦議会で演説したマクロン仏大統領。安全保障面での米国依存脱却の姿勢を強めている=ベルリンで2018年11月18日、AP

 【パリ賀有勇】フランスのマクロン大統領は18日、ドイツのメルケル首相とベルリンで会談し、欧州に共通する「防衛体制と安全保障」を構築する必要性で一致した。マクロン氏は、「欧州軍」の創設を改めてアピールするなど、安全保障面での「米国依存」からの脱却を図る姿勢を強めている。

 マクロン氏は、8月に行った外交方針演説で「欧州は安全保障を米国に頼ることはできない」と述べ、米国依存からの脱却に言及。トランプ米大統領の訪仏を前にした今月6日には、仏ラジオで「欧州は中国やロシア、さらには米国から自衛しなければならない」と発言した。米国を含む北大西洋条約機構(NATO)とは別に「欧州軍」を創設してNATOと併存させることを念頭に置いた発言だが、米国への対抗とみたトランプ氏は「侮辱的」と反発した。

 マクロン氏は、米国の軍事力に欧州が「タダ乗り」しているとの不満を募らせるトランプ氏に配慮し、NAT…

この記事は有料記事です。

残り828文字(全文1221文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. D&G、プラダ、グッチ…高級ブランドの先鋭デザインは「差別的」か ネットで批判、謝罪相次ぐ
  4. 「若い人たちはすごいな」高校eスポーツ大会、レボルさんが総括
  5. 豚コレラ 愛知県、ワクチン散布 野生イノシシに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです