メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

厚労省

パワハラ防止措置、企業に義務づけ 法制化へ

 厚生労働省は19日、職場でのパワーハラスメント防止策などを議論している厚労相の諮問機関・労働政策審議会の分科会に、企業に対し防止措置を講じるよう法律で義務づける方針を示した。また、顧客や取引先からの過剰なクレームなどいわゆる「カスタマーハラスメント」の防止策も労政審分科会に提示。「職場のパワハラに類するもの」と捉え、企業が講ずることが望ましい取り組みを指針に盛り込んで周知する考えも明らかにした。

 厚労省が示したパワハラの定義は(1)優越な関係に基づく(2)業務上必要かつ相当な範囲を超えた言動に…

この記事は有料記事です。

残り691文字(全文941文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  3. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  4. 男子1位は中村匠吾 愚直な努力家、2度のスパートで「4強」破る MGC

  5. 男子2位の服部、設楽の独走に「冷静でいられなかったが、自分の走りできた」 MGC

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです