メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

厚労省

パワハラ防止措置、企業に義務づけ 法制化へ

 厚生労働省は19日、職場でのパワーハラスメント防止策などを議論している厚労相の諮問機関・労働政策審議会の分科会に、企業に対し防止措置を講じるよう法律で義務づける方針を示した。また、顧客や取引先からの過剰なクレームなどいわゆる「カスタマーハラスメント」の防止策も労政審分科会に提示。「職場のパワハラに類するもの」と捉え、企業が講ずることが望ましい取り組みを指針に盛り込んで周知する考えも明らかにした。

 厚労省が示したパワハラの定義は(1)優越な関係に基づく(2)業務上必要かつ相当な範囲を超えた言動により(3)就業環境を害すること(身体的、精神的な苦痛を与えること)--の3要件を満たしたものとし、この定義の具体例や企業が取るべき対策を指針で定める。「業務上適正な範囲内の指導」はパワハラには当たらないとし、典型的な類型や、該当しない具体例も示す。

この記事は有料記事です。

残り567文字(全文941文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 政府方針一転 河野氏「UFOに遭遇したら」発言のワケ 宇宙作戦隊も発足

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. 学術会議 任命拒否の6人が初めて共に訴えた菅首相への「胸の内」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです