メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日米欧研究チーム

温暖化で複数災害リスク増 今世紀末

 地球温暖化が進むと今世紀末には、世界の人口の半数以上が熱波や暴風雨など短期間に3種類以上の災害に襲われる可能性が高くなるとの予測を、日米欧の研究チームが20日発表した。チームは「対策が別の災害で機能しなくなることもあり、多様な対策を検討すべきだ」としている。英科学誌「ネイチャー・クライメート・チェンジ」に掲載された。

 チームは、温暖化に関係する災害や生活・経済活動への影響のうち、熱波▽海面上昇▽洪水▽干ばつ▽暴風雨…

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文592文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 見る探る 東京駅で出会ったナミビア人についていったら 台風、被災地、そして「歴史的試合」は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです