万博

誘致費36億円 大阪府知事「必要経費」理解求める

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
大阪万博誘致の主な費用の流れ
大阪万博誘致の主な費用の流れ

 2025年国際博覧会(万博)の大阪開催を実現するための誘致費用が、官民合わせて約36億円に上っている。これで各国を訪問して要人に支持を求めたり、国内でイベントを開催して機運を高めたりしている。旗振り役の松井一郎大阪府知事は「2兆円の経済波及効果を実現するための必要経費だ」と理解を求めている。

 国や大阪府・市、経済界に取材して16~18年度分を集計した。人件費は含んでいない。約36億円のうち行政が負担したのは、国(経済産業省、外務省)の約26億円と、大阪府・市の約4億円。…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文597文字)

あわせて読みたい

注目の特集