メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

うめきた2期

大阪都心、地下水循環で空調 国が来春認定

冷暖房に利用する帯水層蓄熱の仕組み

 2024年に開業予定のJR大阪駅北側の再開発地区「うめきた」2期区域(大阪市北区)について、環境省は、地下水をビル内に循環させて冷暖房に使う「帯水層蓄熱」の導入を認める方針を決めた。地下水くみ上げによる地盤沈下の恐れは小さいとして、ビル用水法の規制から除外する。実現すれば、国内で初めて帯水層蓄熱を大規模に利用するケースとなる。

 国家戦略特区の新たな特例として大阪市が国に申請し、19日に開かれた会合で環境省が方針を示した。内閣…

この記事は有料記事です。

残り742文字(全文957文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです